和装挙式の服装

和装 風景

近年人気が高まってきている「和婚」。神社やお寺、緑の庭園などの厳かで綺麗な景色。そしてやはり、日本の伝統文化を感じさせる美しい婚礼衣裳に憧れ、白無垢や色打掛などの婚礼衣裳を着てみたいという花嫁も多くいます。挙式は洋装で行い、披露宴のお色直しで和装をするという形態での和婚も増えています。

ここでは、和婚の衣裳について紹介します。日本の伝統文化に通ずるその装いには人々の思いが込められています。その意味を知り、衣裳選びや挙式に役立てましょう。

花嫁bride

白無垢 - shiro-muku
全てを白で統一した格式高い衣裳であり、身の清浄だけでなく、「婚家の色に染まる」という意味も込められています。同じ白でも色味や柄により印象が変わります。袖口や襟元などに差し色として赤を取り入れたものもあります。

白無垢


色打掛 - iro-uchikake
白無垢と並んで花嫁衣裳を代表するもので、地紋が入った色地に刺繍や染めなどで鳳凰、松竹梅といった絢爛豪華な絵柄があしらわれています。これらの色鮮やかな吉祥文様にはこれからの幸せを願う気持ちが込められています。

色打掛


引き振袖 - hiki-furisode
振袖を腰の部分で折って丈を調整する”おはしょり”を作らず、そのままの丈で着用したもので、軽くて動きやすく洋髪も合いやすく、披露宴など沢山動く場面や、重い衣装が苦手な方におすすめです。

引き振袖


綿帽子 - wata-boushi
頭から額まですっぽりと覆いかぶせる白い袋状の布で、白無垢の挙式の時のみつけることができます。挙式が済むまでご新郎様以外の方には顔を見せないという意味が込められており、初々しさや奥ゆかしさの象徴 となっています。

綿帽子

角隠し - tsuno-kakushi
白無垢、色打掛、引き振袖とも合わせられます。怒りや嫉妬の象徴である「角」を隠し、その家の伝統に従うという意味があります。女性は嫉妬から鬼になると言われていたため、それを防ぐためのおまじないのひとつとも言われています。

角隠し

筥迫 -  hako-seko
武家の娘が鏡や懐紙などをいれていた化粧ポーチの名残りで、装飾品として胸元にはさみます。「夫以外の男性に染まりません」という意思を表します。

和装 筥迫

末広 -  sue-hiro
和装の正装では、男女とも必ず手に持ちます。その形状から「末広がりに幸せになるように」という、おめでたい意味が込められています。

和装 末広

懐剣 -  kai-ken
房のついた布袋に入った短剣。武家の娘が護身用に持っていた習慣が受け継がれたもので、魔除けのお守りともされていました。帯の左側にさします。

和装 懐剣

打掛 -  uchi-kake
着物の上に打ち掛けて羽織っていたため、この名がつきました。白無垢には白の打掛を合わせます。白以外は色打掛と呼ばれ、着物の上から羽織ります。

打掛

掛下着 -  kake-shitagi
打掛の下に着る振袖。白が一般的ですが、色打掛のときは白以外の色と合わせることもできます。お端折りをせず、裾を引くように着ます。

和装 打掛 掛下着

新郎groom

黒五つ紋付羽織袴 - kuro-itsustumontsuki-haoribakama
最も格式が高く、一般的に着られているのが「黒五つ紋付羽織袴」です。これが短縮されて「紋付袴」と言うようになりました。黒色には「何にも染まらない」という意味が込められており、背中、両袖後ろ、両胸の5箇所に家紋(または通紋)が入っています。足袋と羽織紐は白を着用するのがルールです。

和装 黒紋付羽織袴


色紋付羽織袴 - iro-montsuki-haorobakama
紋が背中や両袖後ろのみの3つ以下に減るため、黒紋付羽織袴と比べると格は下がりますが、白色や紺色、灰色、茶色などの羽織袴があり個性を発揮することもできますが、全体的に落ち着きのある雰囲気になるようにしましょう。足袋は白が無難です。

和装 色紋付羽織袴


 - mon
背中にある一つ紋はご先祖様を、両胸は両親、両袖は兄弟姉妹や親戚を表しています。紋の形を白く染め抜いたものは正式なものに、染め出したものは略礼装用になり、その技法で格の違いが出ます。

紋

半衿 - han-eri
ワイシャツで言う襟に相当します。首元の皮脂や汗から着物を守る役割の他、装飾の目的もあり、より端正に着こなすことができます。塩瀬羽二重(しおせばふたえ)の白のものを使いましょう。

和装 半衿

末広 - sue-hiro
必ず手に持ちます。「永遠に続く幸せ」「末広がりに幸せになるように」という意味が込められています。新郎は男物の竹骨の白扇が望ましいです。

和装 末広

足袋、草履 - tabi,zouri
足袋は黒や紺のもありますが、白のキャラコ地のものが、草履の素材は畳の表面のような畳表(たたみおもて)で、鼻緒は白いものが一般的です。

和装 足袋 草履

お父様father

黒五つ紋付羽織袴、モーニングコート -  kuro-itsutsumontsuki-haoribakama,morning court
紋付袴を着用することもできます。また、昼間に行われる式の場合はモーニングコート、夜(午後6時、冬は午後5時)の場合はテールコート(燕尾服)を着用します。ちなみにあの有名なミッキーマウスさんもこの燕尾服を着用しており、ゲストに最上級のおもてなしをしてくれているのです。ダークスーツやブラックスーツは、準主役ともいうべきお父様は避けた方が無難です。

モーニングコート

お母様mother

留袖 -  tome-sode
既婚女性が着用する最も格式の高い着物が「黒留袖」。背中、両袖後ろ、両胸の5カ所に紋が入っており、裾には格調高い模様があしらわれています。淡い色合いの色留袖もありますが、黒留袖の略式となる着物ですので、お母様が着ることはできるだけ避けた方が良いでしょう。

留袖

おわりにmessage

和装 新郎新婦

和婚衣裳にも基本的なルールはありますが、色や組み合わせを自分らしくアレンジできることも大きな魅力です。しかし、必ず守るべきことは両家の衣裳の「格式」を揃えること。この格式がずれると相手に失礼となってしまいますので、両家で事前に話し合い、同格の服装に揃えるようにしましょう。

連綿と受け継がれてきた人々の思いが込められている和装。その意味を知ると、衣裳や小物選びの見方も変わりますね。日本の伝統的な衣裳を身にまとい、理想の結婚式を実現させましょう。

お問い合わせ・ご来店予約

プライベートな空間でゆったりお過ごしいただけるよう、ご相談・衣裳合わせをご希望の際には必ずご予約をお願いいたします。

電話で問い合わせ

営業時間: 10:00 - 18:00
*スマートフォンをお使いの場合にはアイコンをクリックするとそのまま電話がかけられます。

お問い合わせ・ご来店予約フォームで問い合わせ

お問い合わせ・ご来店予約フォームページに移行します。

LINEで問い合わせ

LINEでお問い合わせ可能です。
*パソコンからアクセスしている場合にはQRコードが表示されます。