諏訪大社下社挙式・渋の湯にて披露宴

下社 赤傘

諏訪大社下社にて挙式が行われました。

諏訪大社下社にて神前式suwataisha-shimosha

下社 和装

新郎様は黒五つ紋付羽織袴、新婦様は白無垢の装いです。

下社 巫女

挙式は下社秋宮の社殿において、神官と巫女によって執り行われます。

下社 神前式

神前式の荘厳な雰囲気の中、三々九度が行われます。 お神酒には「繁栄」「魔よけ」の意味があり、夫婦となるおふたりへのご加護を願います。
新郎新婦様は同じ盃を使うことで、「一生苦楽を共にする」という意味が生まれます。使われる大・中・小の盃は、「子孫繁栄」「二人の誓い」「ご先祖様への感謝」の意味を持ち、神様へ夫婦の契りを交わすのです。

下社 指輪交換

続いて指輪交換の儀。現代の結婚式の一般的な儀式である指輪交換です。新郎から新婦へ、新婦から新郎へと、指輪を交換し、それぞれの左手の薬指にはめます。

玉串拝礼

そして玉串拝礼へと移ります。玉串を通して、神様に願いを届ける儀式です。榊の小枝に紙垂(しで)を付けた玉串を、感謝と祈りを込めてお供えします。

下社 お神酒

こちらは親族固めの盃(または親族盃の儀)と呼ばれるもので、両家が親族となったことの誓いの盃を交わす儀式です。全員で御神酒をいただき盃を交わすことで、親族の固めの儀となるのです。

渋の湯にて披露宴shibu-no-yu

渋の湯 会場

披露宴会場は広々とした和室。和洋折衷のゆったりとしたテーブル席です。

渋の湯 入口花

披露宴入口にもお花が飾られていました。ちょっとした心づかいが嬉しいですね。


渋の湯 テーブル装花
渋の湯 メイン装花

テーブルのお花も披露宴会場の雰囲気に合っています。


渋の湯 料理
渋の湯 ごはん

渋の湯 お食事
渋の湯 鯛のお造り

季節を感じる食材をふんだんに使ったお料理です。お料理を引き立たせる飾りつけも美しいですね。個別のお料理の他にも、鯛のお造りが登場しました!


渋の湯 髪飾り
渋の湯 色打掛

新婦様のお色直しでは、髪飾りを変え、白無垢から色打掛へ着替え、よりいっそう華やかに。


渋の湯 ウェディングケーキ
渋の湯 おすそわけ

ご親族手作りのウェディングケーキです。均等に切り分けて、幸せのおすそわけもしました。


渋の湯 両家
渋の湯 お酒

ご両親への感謝の気持ちを込めて、花束と日本酒が贈られました。お酒好きのお父様には日本酒!との、おふたりからの提案を形にさせていただきました。


渋の湯 挨拶
渋の湯 プレゼント

渋の湯 新郎新婦 後ろ姿
渋の湯 新郎新婦 正面

和婚ならではの荘厳な雰囲気が流れながらも、和気あいあいとしたあたたかな挙式でした。

おめでとうございますbe forever happy

下社 足元

末永くお幸せに。

諏訪大社下社にて結婚式をご希望される新郎新婦様、お気軽にコンシェルジュ結美までお問い合わせください。

お問い合わせ・ご来店予約

プライベートな空間でゆったりお過ごしいただけるよう、ご相談・衣裳合わせをご希望の際には必ずご予約をお願いいたします。

電話で問い合わせ

営業時間: 10:00 - 18:00
*スマートフォンをお使いの場合にはアイコンをクリックするとそのまま電話がかけられます。

お問い合わせ・ご来店予約フォームで問い合わせ

お問い合わせ・ご来店予約フォームページに移行します。

LINEで問い合わせ

LINEでお問い合わせ可能です。
*パソコンからアクセスしている場合にはQRコードが表示されます。